スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポルトガル発祥の地、ポルト

帰国直前にマドリッドから飛行機で1時間のポルトガル第二の都市、ポルトに行って来ました。
ドウロ川沿いにある街です。
中心部は坂が多くて結構町歩きがハードです。

20141214080615229.jpg

20150131225138bd8.jpg
〈エッフェルの弟子によるドン・ルイス1世橋 一番上はメトロが走っていて、その横を歩けます。高くて怖い!〉

201412140806496e6.jpg
〈アスレホというポルトガル特有のタイル。教会や駅、アパートの外壁や内装に使われています〉

201501312251409c6.jpg
〈世界で最も美しい本屋、と言われている本屋さん。店内は撮影禁止ですが、感嘆するほど美しかった!〉

20150131225139a49.jpg
〈路面電車が坂道を走ります〉

20150131225143852.jpg
〈ポルトガル名物、選択干し。まぁ、スペインでもちょこちょこ見られますが〉

20150131225141c28.jpg
〈坂が多いので背負子は大変だった…〉

川の対岸にはポートワインのワイナリーがたくさんあります。
ドウロ川沿いにブドウ畑があり、そこで収穫されたブドウを船でワイナリーまで運び、ワイナリーで作ったワインを船で昔は出荷していたそうです。
ポートワインは発酵途中にブランデーを加え、発酵を止めた、普通のワインとは少し違うワインです。
味はすごーく甘い。

201412140806463d3.jpg
〈5ユーロで3杯の試飲付きのワイナリー見学に参加〉

20141214080643f98.jpg

20141214075821b97.jpg
〈今は実際には使われていないと思うけど、おそらく昔はワイン運搬に使われた船〉

ポルトガルは料理やお菓子が日本人好みで美味しかった!

201412140827152b5.jpg
〈カステラの原型〉

20141214081738091.jpg
〈最中?皮は日本のモナカとほぼ同じで中の餡は黄身とお砂糖を混ぜたものと思われる〉

ポルト、良い街だったけどよく見ると建物が荒れてて、廃墟も多かったな。
一見素敵なアパートなのに窓ガラスが割れていたり…。
せっかくの街だから維持できると良いんだけど。
スポンサーサイト

新しいスタート

帰国して一ヶ月過ぎました。
静岡で生活しています。
今後も当分静岡での暮らしになりそうです。
つばささんは毎日東京に出勤する必要がない、ある程度自由が効く働き方をします。
やりたい仕事ができるのだから、まずはよしとしよう…。
あとは家族の時間がそこそこ持てそうなのもうれしいです。

マドリッドで生活してみて、東京で生活することの魅力はほぼなくなりました。
静岡での暮らしの方が圧倒的に、心豊かな生活が送れそうです。

そして、私も早速仕事のお話をいただけて、とりあえず一ヶ月間、2月中旬から働きます。
長く休んでしまうと仕事に復帰するのは勇気がいるけど、これ以上仕事をしないでいると、本当に働けなくなりそうなので、がんばることにしました。
お母さんっ子の娘が気がかりですが、なんとかなると信じて。

さて、マドリッド生活の話ももう少し振り返りたいな、とは思いますがまた時間がある時に。
とにかくマドリッドは最高でした。
たぶん世界一住みやすい街なんじゃないかな。
人が本当に優しくて、とても快適に暮らさせてもらいました。
大好きなマドリッドにまたいつか遊びに行くことを目標に、スペイン語も頑張らねば!

201501232147283d9.jpg
〈最近おねえさんな娘。お人形やぬいぐるみのお世話やおままごとが大好き〉

navidad

だいぶ寒くなってきたマドリッドですが、東京の方が断然寒いです。
家もセントラルヒーティングなので暖かいし。

つばささんも学校の授業は終わり、残すところ卒業式のみとなりました
お別れ会や帰国の準備、マドリッドの各所にご挨拶、と毎日忙しいです

そんなマドリッドのクリスマスの雰囲気を紹介します!

11月くらいからスーパーには、大量のチョコレートやトゥーロンというスペインのクリスマスのお菓子が売り場面積を拡大して並んでいます。いや、本当に大量なんです。同じ商品が何列も並べられています。

でもスペインはクリスマスよりも、1月6日の東方の三賢者がイエスにプレゼントを持ってくる日、が大切だそうで、年が明けてもまだまだクリスマスムードは続くそう。
プレゼントも25日と6日、両方用意されるそうです。

2014121407114452e.jpg
〈デパートの敷地に特設された、クリスマスデコレーション専門店のショーウィンドウ〉

20141214071356028.jpg

201412140714085fa.jpg
〈ドイツ教会のクリスマスマーケット〉

2014121407161307d.jpg
〈メルカドのサンタ〉

20141214071623ecf.jpg
〈地下鉄にたくさんいたゼッケンをつけたサンタ。マラソン大会?〉

20141214071625fb0.jpg
〈マドリッドのイルミネーション。さすが愛すべき田舎。洗練されてません〉

2014121407394904b.jpg
〈クリスマスのお菓子トゥロン。小さく切って食べます。アーモンドのお菓子〉



秋晴れ

マドリッドは今週からグッと寒くなって、ほぼ冬が来た感じがします。
ただ、日差しが強いので天気がいいとポカポカ。
変わりやすい天気なので、朝は晴れていても午後は曇って寒い、などコートは必須。

今日は用事もあったので、家族3人でレティーロ公園の池のボートに乗りました。
レティーロ公園はマドリッド市民の憩いの場で、夏なんかは水着で日光浴している人がいます。
さてこのボート、週末は乗るために長蛇の列ができています。
料金も平日と休日で違うんです。
今日は平日だったので空き空き。


20141107081559b16.jpg
〈すごくいい天気〉

20141107081632f24.jpg

201411070816271cd.jpg
〈都心にありながら自然がたくさんなのでリスもよく見かけます〉

つばささんは学校から公園へ来て、また公園から学校へ帰って行きました。

私たちのマドリッド生活も2ヶ月を切りました。
帰国便もチケット取りました。楽しみ!

ドン・キホーテの風景

ドン・キホーテ、といえばディスカウントショップを思い出してしまうのは私だけ?
スペインといえばセルバンテスの「ドン・キホーテ」です。
今の時代は観光用の風車しか残っていないようですが、公共交通機関を使って行けるコンスェグラという町に、風車を見に行きました。でも本当にバスの本数がなくて、一日一便しかありません……。
マドリッドから約二時間。

とっても小さな町コンスェグラ。バスの関係で滞在時間3時間ちょいしかなかったけど、十分見て回れます。
というか見所は風車しかない。町から階段を上って15分くらいで風車と城塞がある丘へ。

乾燥したスペイン特有の風景に風車がマッチしていました。

20141026202124902.jpg

2014102620213122f.jpg

201410262024232f5.jpg
〈サフラン祭りをやっていて、遊園地も来ていました。本物のロバのメリーゴーランド〉

20141026202414690.jpg
〈近所でお疲れ様会。バス車内で娘が過去最高にぐずり、私も過去最高にバス酔い。
これは豚の耳。台湾人の友達のオススメ。アジアとスペインって食文化が似ている?お米も食べるし〉



最新記事
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。